2018-08-11

意外と知らない披露宴でのこと

ブライダル
プロデュース
ボーベルの川島です。

早速本題。

食事へ行った際、
必ず出る→おしぼり

食事の前は
お手手もさっぱりしたいところ。

披露宴でも食事が出ますが、
意外と知られていない
“おしぼり事情”

実は、出ないところが多い。

“ない”なら“ない”でいいのか・・・

そこで、ボーベル提携先である
ホテルニューオータニ博多では
洒落たおしぼりが出ます!!

↓見た目はこんな感じ↓


こちらにお水を注ぐと
おしぼりに変身♪

↓こんな感じ↓

注がれるお水も
ただの水ではなく
ラベンダーの香りがほのかに香る


これだけでも会話が弾みます♪

さすが→日本三大ホテル!!


2018-07-28

体感ど~ぞ♪

ブライダルプロデュース
ボーベルの川島です。

先ほどアップいたしました
ロンドンバスからの景色。

ど~ぞ体感してください♪



ロンドンバスに乗ろう♪

ブライダルプロデュース
ボーベルの川島です。

酷暑が続いておりますが。。。
そんな中、
ボーベルスタッフ&Familyで
ロンドンバスに試乗してまいりました♪

待合場所は福岡空港

探さずとも一目瞭然!
ゾロゾロと足並みそろえて
高鳴る気持ちを抑えながら(笑)


で・でかいっっ!!!
全てが→でかい!!!
目立つはずだ( *´艸`)

名前は→Loraローラちゃん

待ちきれない子供たちは
さっさと2階へ上がりテンションMAX

こちらのロンドンバス、
その名の通りロンドンからやって来ており、
お歳も50歳!

レトロ感満載で、
ブリキのオモチャがそのまんま大きくなった!
そんな感じです♪

では、大人も早速乗車しま~す♪

年代物ですので、
階段の段差が高め。

まずは→1階
エアコンはありません(*_*)

少しでも涼しい2階へ行きましょう!


1階と2階合わせて総席60席くらい。

子供たちは良い席に陣取ってます☆

熱射病にならないよう
夕方6時に出発♪

チバちゃんのいい笑顔~

今回は空港の周りをドライブ

走り出すと、
バス・タクシー待ちの方、
歩いてる人、
車の中の人、
み~んなが(゜o゜)!!みたいな顔だったり、
笑顔だったり♪

乗り物酔いしやすい私ですが、
屋根がなく開放的なバスは
とっても気持ちがいい!!

見慣れた景色も
乗り物が変わると全く違って見える。

優雅な時間と
優越に浸れた一時(笑)

ドライブだけではもったいな~い!!

このロンドンバスから
花嫁が降りてくると
より一層拍手が起こるそうです♪

前撮りで使ったり
ボーベル懇親会で使ったり
出会いの場の一環として使ったりと
楽しみなことはたくさん♪

日本に一台しかないロンドンバス・ローラちゃん。
よって全国を飛び回ってるようですが、
ボーベルでは楽しいことを企画し、
皆さんと一緒に楽しみたい!

皆さんからのご提案も募集しております♪



2018-07-22

秋月 清流庵~料亭ウェディング

ブライダルプロデュース
ボーベルの川島です。

連日の晴天
いかにして日陰を歩くか
日々奮闘中

そんな中、
先日ボーベルの提携先となった会場へ
見学に行ってきました

場所は朝倉市秋月にある
料亭旅館  清流庵

道中の車窓からは癒しのグリーンが広がる。

福岡から車で約70分
途中、高速での事故で大渋滞に巻き込まれ
ヘロヘロで到着((+_+))

車を降りると
木々の葉が擦れ合う音
川のせせらぎが聞こえ
一気に気分は爽快に。。。

川近くはとても涼しく
離れたくない

そんな気持ちを抑えつつ進むと、
趣きのある入口に到着

女将さんとのご挨拶を終え
早速会場見学へ案内していただくことに♪

まるで森の中を探検するかのようなワクワク感

立派な木々たちのお陰で
日差しも柔らかい

宿泊された方々は
ここを散策されるよう。

また、前撮りのロケとして
とっても魅力的な場所が多い

さて、披露宴会場へ到着


吉祥縁起の象徴“赤富士”がお出迎え

階段を上がり進み


長い廊下が更に胸を躍らせる


襖を開けば
そこに広がる庭園と天井の高さに
心の声が思わずもれてしまう



手入れされた庭園と
優雅に泳ぐ高そうな錦鯉


四季折々の表情を楽しみながら
優雅なひと時を過ごす


大広間から眺める庭園は
まるで大きな絵画のようで圧巻
※披露宴は約50名様収容可能
※車椅子ご利用の方も対応

余談ですが、
個人的にとても気に入ったのが
こちらの間仕切り
柄といい、色合いと言い
とっても可愛い!!

移動途中に見える建物は古いにもかかわらず
とても手入れされており、
趣きがあって
いちいち感動してしまう

樹齢70年の大きな紅葉

紅葉の時期は
また表情を変え
お客様を楽しませる


自然を楽しみながら
親族控室などを
案内していただき、
次は宿泊部屋~♪

これまた長い廊下と
さり気なく置かれた照明が
なんとも目に優しい~
各部屋に露天風呂だったり
室内風呂がついてたり、
二間続きの和室は
‶これぞ日本の旅館だ!”

そして今回特別に大浴場も見学(笑)

まだ利用時間前だったので
ちょって暗くて分かりにくいかも。。。

女性脱衣所は広く、キレイ☆


アメニティーも充実~
これまた暗くてすみません💦

大浴場~

こちらはアルカリ性単純温泉
(Ph値 9.7)
効能→神経痛・関節痛・運動麻痺・
冷え性・病後回復etc...

日帰りでも利用できるようです!

‶泊まってみたい♪泊まりたい♪”
その言葉を何度連呼したかしら。。。

お腹も空きましたので、ランチ♪♪

全室完全個室での食事
↓花かご膳↓

デザート・コーヒー付きで1800円(税別)
一つ一つが美味しくてお腹一杯~

全てに大満足(*´▽`*)

ホテルやレストランでの結婚式もいいけど、
情緒溢れる旅館で
自然・歴史を感じ
ゆったりまったりと過ごす結婚式もお勧めです。



★秋月温泉 料亭旅館 清流庵★
〒838-0001
福岡県朝倉市秋月1058
TEL 0946-25-0023



2018-06-16

幸せの連鎖~婚礼料理の試食

ブライダルプロデュース
ボーベルの川島です。

これは梅雨に入る前のこと

お客様と一緒に試食へ行ってまいりました♪

場所は福岡の閑静な住宅街にある
レストラン ヴェルフォンセ


花や緑に勢いを感じながら

乾杯~☆

 ※一応仕事中なのでジュースです(汗)

どんなお料理が運ばれてくるのか、
とってもワクワクな新郎新婦。

本日は新婦様と私は
お箸で気軽に食べれるフレンチのコース

俗にいう→和洋折衷的な感じですね♪



☆冷製帆立の真薯☆
~めかぶのソース~

食用の花色がとてもいい感じで
華やかさをプラス

この前菜で次の料理に更に期待が高まる


☆ズワイガニの茶碗蒸し☆


お出汁の味がとても上品で
素材の味を活かした味付けが
尾を引く美味しさ

☆焼きたてパン☆

 バターではなく、生クリームバター!

それはそれは滑らかでクリーミー。
程よい塩気の中に
ほんのり生クリームの風味が見え隠れ


☆フレッシュフォアグラのポワレ☆
~紅白のリゾット~


大好きな→フォアグラ♪
外側カリっと、中はフォワっと→焼き加減最高

また、この手前のソースが
旨味成分たっぷりで驚いた!


☆玄海産真鯛の香草パン粉焼き☆
~サフランクリームソース~

 料理でお皿に絵を描く

この色使いは目に焼き付くな。。。

ちりめんじゃこの煎餅が
ビールを欲する♪

☆お口直しのソルベ☆
 既製品の味ではなく
自家製の味だとすぐ分かる!!


☆特選牛フィレ肉のロースト☆
~柚子香るジャポネソース~

お肉の味・柔らかさは納得の美味しさ

それを目で楽しませ
味でうならせるってすごい!!


☆ほうじ茶のブリュレ☆


口に入れるとほんのり香るほうじ茶

この香りを邪魔させない
ほどよい甘さのデザートは
コーヒーにとっても合う。

新郎新婦様とも話しましたが、
ご自身達が想像されていらっしゃった以上の
味・盛り付けで
心の底から感動されていらっしゃいました。


料理を見た瞬間、
食べた瞬間の表情を想像すると
結婚式が楽しみでならない。


料理は必ずそれらを後押ししてくれる。



2018-04-21

花嫁花婿になるための知識~結婚挨拶(手土産)

ブライダルプロデュース
ボーベルの川島です。

“結婚”

結婚式される方、
入籍だけの方、
様々な形で夫婦になられますが、
避けては通れぬ→ご両親への挨拶

相手側のご家族とほぼ面識ない方や
ちょくちょく会ってる方。
どれにしても“緊張”という文字は離れないでしょう。


“好印象”となるように
事前にしっかり準備しておけば
気持ちも少しは楽になるのでは♪


まずご挨拶へ向かう際の服装。

成功への近道はズバリ→清潔感!!

よく会ってる(相手側の)家族でも
この挨拶は別物として考えること。

結婚式の挨拶は“けじめの儀式”でもあるので
ラフな衣裳では話にならんっっ

“この男に大事な娘を任せていいのか?”
“ちゃんとした生活ができるのか?”
そんないらぬ心配をさせないためにも
身だしなみには細心の注意を!


 男性であれば、スーツであれば問題なし。

ただ注意しないといけないのは・・・

・ネクタイのシミは大丈夫?
・アイロンがけされたシャツ着てる?
・しわくちゃのスーツではない?
・靴はピカピカに磨いた?
・アイロンがけされたハンカチ持った?
・靴下に穴が開いてない?

全てに注意をして初めてスタート地点に立てます!

続いて手土産ですが、これもまた悩むところ。

手土産の相場は3000円~5000円。
※高すぎてもNG
家柄なども考慮し、
相手側に気を遣わせない程度に
臨機応変に選びましょう


そもそも“手土産”とは
“わざわざ時間を設けてくださる事へのお礼”です。

挨拶へ行く途中に、
相手側宅近くのお店で買っても
“間に合わせ物”と思われてしまい、
誰~れも喜びません。

お渡しする物も事前にどんな物が
お好みで喜ばれるのかリサーチしておくと好印象☆

~余談ですが~
熨斗はどうするのか・・・・

基本的にはつけなくてもOK。

もしつけられるのであれば
下の画像のように結びっきりの水引で
お名前はお二人のお名前を書きましょう。


では具体的にどんな物が選ばれるのか・・・・

縁起的な事で言えば
↓最中↓
二つが合わさるという意味でも
縁起がいいですね~

↓バームクーヘン↓
こちらは年輪を重ねるようにってことで
縁起が良いとされてます


↓カステラやようかん↓

カステラやようかんは長いので
“永くお付き合いを”との意味が込められてます。

ただ、画像のように小分けされてるのが望ましい。

※“切る”という言葉は
結婚には縁起が悪いとされているため

霧箱入りもありますので、
特別感があっていいのでは?

↓昆布(佃煮)↓
皆さんご存知→喜ぶ(よろこんぶ)

長々としたその姿が
縁起が良いとされています。

甘いものが苦手な方にいいかも・・・

↓お酒↓
相手側のご両親がお酒好きであれば
話しが盛り上がりそうですね~

お酒以外にも
・コーヒー
・紅茶
・お茶もOK

↓ご当地特産品↓
“お土産”の語源は→その土地の産物
“とさん” “どさん”が始まりで、
人様に差し上げる品物をよく見て選んだことから
“見上げ(みやげ)”になったそうです。

私であれば地元柳川の名産品→海苔

地元の特産品だったりすると
そこから話が盛り上がる可能性は大きい!


他にも
・高級チョコレート
・ゼリー
・どら焼き
も選ばれてるようです。

ただし、渡してはいけない物があります!

それは
①生菓子
賞味期限までに食べきれないなど。
相手への負担が考えられます。

②せんべい
せんべいは“割れる”と言う事が
結婚の場では縁起が悪いとされてます。

③残るもの
基本的には“消え物”を選びましょう

また、相手側の人数分を考えて選ぶのも
忘れがちですのでご注意を!



続いて渡すタイミング&渡し方

まず深呼吸して落ち着きましょう♪

和室に通されたら
入り口から一番近い下座に。

ただ、席を勧められる場合が多いので
その時は素直に従ってください。

そして~
さっさと座布団には座りませんよ!!

座布団はクッションとは全く別物で、
日本人の心が潜んでおります。

武家社会の名残でしょうか、
“相手よりへりくだる”という意味で
亭主と客人のお互いを思いやる心が
にじみ出た→座布団

そんな“心”が潜んでいる座布団を
踏んだりしても→ダメ!!!

ここで手土産を渡せるのであればここで。

若しくは会話が少し落ち着いてからでもOK☆


その渡す時ですが・・・・
買ってきた紙袋に入れたまま渡さな~い!

正式には風呂敷に包みます。
そして渡す時には風呂敷を解き
品物に手を触れないようにして渡す。

人様に差し上げる物を自分の手で汚す事は
失礼になるため、本来はこの渡し方がベター。

が、無理は言いません(笑)

渡される時も
「つまらないものですが」→ダメ!!

「美味しいと評判なので・・・」
「お好きと伺ったので・・・」
こんな言葉を添えてお渡しください。

そして→いざ本番(挨拶)

座布団に座ったままではなく、
座布団から下りて挨拶します。

また、最近では和室がない場合もありますので
ソファーの場合は、立って挨拶しましょう。


頭がゴッチャゴチャになり
余計に緊張させてるような気がしますが。。。

“ぶっつけ本番でどうにかなる!”

そんな考えはやめましょう( 一一)

親というのは
子供たちよりも人生経験が多く、
人を見る目を養っております。

上辺だけ見繕っても
それはすぐにバレる。

悠長にスマートに挨拶ができなくてもいい。
言葉が少なくてもいい。

誠実さというものは
その人からにじみ出ているものです。

真剣に誠実に頑張っていればきっと大丈夫!!

頑張れ~~~